ひふみ祝詞 ~ 唱えれば運が開く最強の祝文

ひふみ祝詞 ~ 唱えれば運が開く最強の祝文

祝詞とは

神様に奏上する言葉のことを、祝詞(のりと)といいます。

あなたも神社で神職の唱える言葉を耳にしたことがあると思います。

何を言ってるか分からなかったと思いますが、あれが祝詞という神様に奏上するための言葉です。

簡単に言うと「神様に感謝や願いを伝えるための特別な言葉」ということになります。

 

祝詞は言葉としては最も清浄なものです。

日本には古来から「言霊信仰」というものがありますが、その言霊の頂点に位置するものが祝詞だと言われています。

奏上する言葉に秘められた霊的な力は最高のものということです。

************************************************************************

*言霊(ことだま)とは、言葉に宿る霊的な力(魂)のことをいいます。

日本人は言葉に霊的な力が宿っているからこそ、以下の事象が現れると考えていました。

・自から発っした言葉は、後に必ず形となって事象として現れる。

・良き言葉は良き事象を招き、悪き言葉は悪き事象を招く。など。

万葉集にも、大和の国(日本)は「言霊の幸わう国」と出てきます。

************************************************************************

言葉に霊力が宿っているからこそ、現実の物事に大きな影響を与える。

ならばきっと言葉の霊力は神様にも届くはずだと考えたのです。

そこで霊力の強い言で文を書き、神様に奏上した(申し上げた)のが祝詞です。

霊力の強い祝詞であれば、必ず神様に伝わりご加護を授かることができると考えたのです。

 

通常、神様に祝詞を奏上する場合は神職の勉強をして作法を身に付けなければいけません。

神前では心身を清めていなければ立つことも許されません。

また、足運びから装束(服装)まで事細かに決まっています。

神様に奏上するためには、そのくらいのことが必要とされているのです。

(まぁ、だから神職という専門職があるわけですが・・・)

 

しかし、素人が祝詞を唱えてはいけないというわけではありません。

神様はすべてに対して平等です。

神様の存在を感じ、ご縁を深めるための最高の方法が祝詞です。

心を込めて唱えれば、必ず神様のご加護を授かることができるのです。

ひふみ祝詞

祝詞には無数の種類が存在します。

その中から日本古来からあり、最強の祝詞と言い伝えられる「ひふみ祝詞」を紹介します。

ひふみ祝詞が最強の祝詞と言われるのは、四十七文字で構成されているひふみ祝詞の文字一つひとつが最強の言霊だからです。

ひふみ祝詞の祝文は以下になります。

**************************************************************

ひふみ よいむなや こともちろらね

しきる ゆいつわぬ そをたはくめか

うおえ にさりへて のますあせえほ れーけー(ん)

**************************************************************

ひふみ祝詞のはじまり「ひ・ふ・み・・・」で気付いた人もいるかもしれません。

日本の数え唄「一(ひ)二(ふ)三(み)四(よ)五(い)六(む)七(な)八(や)九(こ)十(と)」だと。

これは「数霊(かずたま)」と呼ばれるものです。

言葉に霊が宿っているように、数にも霊が宿っています。

ひふみ祝詞が最強の祝詞と言われるのは、霊力の強い言霊と数霊が満遍なく込められているからなのです。

 

ひふみ祝詞のひらがなを漢字に直すと「ひ=火・日」「ふ=風」「み=水・身」「よ=世」・・・・・というようになります。

それぞれの意味をたどっていくと、壮大な言葉に生まれ変わります。

奈良県の石上神宮(いそのかみじんぐう)による現代語訳は以下になります。

生まれ出て、上より恵まれ、下から慕われ、物事がまさに始まろうとしている。

様々な「人」「物」「情報」が、集まってきて、万事は順調にゆく。

信義を、もって対処するならば、良縁に恵まれる。

万物が、生まれ、少しずつその範囲を広げて、全ての事物が凝りなると、準備万全、まさに、水蒸気のように運気が立ち上がって、進みゆき、栄える。

人に、親しみを得れば、人々の和を得て栄える。

順風満杯とは、まさに、このことである。

次に、この成就したもの、「組織」、「会社、「機関」などが、親子上下で背きあい、小さく分裂する。

それらは、陰陽共に相和して、栄えてゆく。

それらが、あるがままに、進んでゆくという事は、力強く、変化に満ちているので、蟻一匹殺さない様な気持ちで、よくよく、心和らかに対処してゆくべしである。

我々の願い、「世界の和平樹立」は、徐々に浮かび上がることは、成り難い。

陰陽の因子が、並び、共通の求める幸せの為に吉祥を招き、天地「男女、善悪、陰陽」が、一つと成った時に、世界の全ての願いは成就する。

苦しむ人は楽になり、盛んな人は、衰える。是をもって、万邦は、和楽する。

全ての人が、幸運を得て、立ち上がる。

因って、何人も、人の求めに応じて、全ての事に一歩退いて、対処することが、必要である。

平常なる心で活きてゆこう。

心配することはない、大丈夫だ、平常なる心で活きてゆこう。

ひふみ祝詞四十七文字には、これほどの意味が込められているのです。

いかがですか?

神様のご加護を授かることができそうだと思いませんか?

 

ひふみ祝詞の意味を理解しようとしなくても構いません。

ひふみ祝詞は、「唱えるだけで運が開け、病が治って、嬉し嬉しと輝ける最強の祝詞」です。

しっかりと声に出して唱えれば、負のエネルギーを祓い、心を浄化して、清々しいエネルギーに変換してくれます。

あなたもひふみ祝詞を唱えて、神様のご加護を授かって下さい。

ひふみ祝詞の実践方法

3文字、5文字、7文字で区切り、下丹田(お腹)から声を出して歌うように最後まで唱える。

最後の「れーけー」だけは節を長くし、「ん」で飲み込む。

これを朝、昼、夜に各1回、1日3回唱える。

言霊ですから1文字1文字丁寧に発して下さい。

もし詰まったり間違ったりしたら読み直しても大丈夫です。

未習熟者が祝詞を間違えたからといって、神様が怒る事は決してありません。

 

下図は日本の古代文字である「ホツマ文字」で描かれたひふみ祝詞です。

このホツマ文字に天から光が降り注ぐイメージをしながら唱えて下さい。

神様から驚くほどのパワーが授けられると言われています。

中心から螺旋状に目で追いながら唱えて下さい。

************************************************************************************

ひふみ よいむなや こともちろらね

しきる ゆいつわぬ そをたはくめか

うおえ にさりへて のますあせえほ れーけー(ん)

************************************************************************************

あなたに神様の御加護があらんことを。

ありがとうございました。