コンフォートゾーン ~ 抜け出し成長し夢を追う

コンフォートゾーン ~ 抜け出し成長し夢を追う

コンフォートゾーン

コンフォートゾーンとは「心地良い自分の居場所」という意味です。

心地良い自分の居場所とは今のあなたの現状。

周りの環境、長年勤めてきた仕事、交友関係、現在の年収も。

ホッとし、落ち着き、不安のない、あなたが築いてきた現状です。

 

心地良い自分の居場所は一番快適でストレスなく過ごせる領域であり、自分の能力を最大限に発揮出来る領域でもあります。

コンフォートゾーンから出ると恐怖心や不安に付き纏われ、能力を最大限に発揮出来ずにストレスが溜まり落ち着きません。

ですから人は無意識にコンフォートゾーンに留まろうとするのです。

 

スポンサードリンク

 

また、人間を含むすべての生物にはホメオスタシス(恒常性維持機能)が働いています。

ホメオスタシスとは元に戻ろうとする特性です。

変化を嫌い常に最適な状態をキープしてくれるため、環境に変化があっても状態を維持してくれる機能です。

 

生命を維持するためには生体のバランスを最適な状態でキープしてくれるホメオスタシスはなくてはならない機能です。

しかし、ホメオスタシスは何かを変えようとする思考にも働いてしまいます。

コンフォートゾーンから抜け出せないのはこのためでもあります。

 

コンフォートゾーンから出なければ成長もしなければ自分の未来を変えることも出来ません。

成功者と呼ばれる人はコンフォートゾーンから積極的に出て行ったから成功者になれたのです。

成長し未来を変えたければコンフォートゾーンの外側に踏み出す勇気を持って下さい。

あなたの理想の未来はコンフォートゾーンの外側にあるのですから。

ラーニングゾーン

コンフォートゾーンの外側にはラーニングゾーンがあります。

ラーニングゾーンとは一番自分を成長させてくれる勉強の領域。

ストレスをある程度受ける、適度な緊張感を持つことが出来る領域です。

 

人はある程度のストレスを受けた方が作業効率が上がり成長出来るという「ヤーキーズ・ドットソン の法則」というものがあります

例えば少し難しい仕事を与えられたときのことを思い出して下さい。

悩んだり教えてもらったりして乗り越えようと頑張ったはずです。

適度な緊張感を持ちながら集中して取り組めたと思います。

乗り越えられたときは達成感を感じ、自信が付きませんでしたか?

私たちは社会人になって以来、それを繰り返し成長してきたのです。

 

ラーニングゾーンで成長するとコンフォートゾーンが広がります。

成長を繰り返して広げてきたからこそ、今現在の自分の現状があるのです。

しかしある程度広がるとコンフォートゾーンを広げようとしなくなります。

俗に言う「ぬるま湯につかった状態」になってしまうのです。

 

スポンサードリンク

 

ある程度の仕事が出来てある程度の収入も得られるようになると人は変化を恐れ始めます。

現状を失うのが怖くなり「守り」に入るからです。

交友関係も固まり周りの環境も変化しない、ホッとし落ち着き不安のない心地良い自分の居場所を失いたくないのです。

 

口では「自分を変えたい」「夢を叶えたい」と言います。

しかし、行動を起こそうとしません。

本心では一番快適でストレスなく過ごせる場所を手放したくないからです。

今の自分自身の現状(ぬるま湯)を守りたいのです。

 

しかし、ぬるま湯は気が付いた時には熱湯になっているかもしれません。

行動を起こさなければ手遅れになる可能性もあるということです。

本当に「自分を変えたい」「夢を叶えたい」なら行動すべきです。

しっかりと目標を設定し、一歩踏み出す勇気を持って下さい。

行動を起こせば必ずコンフォートゾーンは広がるのですから。

 

パニックゾーン

ラーニングゾーンの外側にはパニックゾーンがあります。

パニックゾーンは入ってはいけない領域。

大きな不安やストレスにさらされて思考も行動も止まってしまう領域です。

 

適度な不安やストレスは自分を成長させてくれます。

しかし、大きな不安やストレスはパニックになるだけです。

今の仕事を辞めて全く違う職種に変わることを想像してみて下さい。

仕事をしろと言われても、何も分からない何も出来ない状態になると思います。

 

スポンサードリンク

 

目標は設定しなければいけません。

しかし、目標には一気に到達出来るものではありません。

自分を変えたいからといってすぐに変わるものではありません。

いきなり目標を追いかけるとパニックゾーンに入ってしまいます。

 

パニックに陥ると必ず不安やストレスに押しつぶされます。

結果、目標を諦めてしまうことになってしまいます。

自分の許容範囲を超えたチャレンジは単なる無謀というもの。

目標に近付く最短ルートはラーニングゾーンで成長することです。

コンフォートゾーンの拡大が夢に繋がる

コンフォートゾーンを抜け出しラーニングゾーンで成長する。

ラーニングゾーンで成長すればコンフォートゾーンは広がります。

 

例えば会社を辞めてネットビジネスで月100万円稼ぐと目標を掲げたとします。

しかし、少し勉強したくらいでいきなり会社を辞めてネットビジネスで月100万円稼げるとは思わないはずです。

まずは会社で働きながら月1万円を目指し、ブログやメルマガの勉強をすると思います。

初めて知ることが多く、ストレスが掛かるでしょう。

その状態がラーニングゾーンで成長している状態です。

 

本気でネットビジネスで月100万円を目指すなら、多少のストレスを感じながらも集中して取り組めるはずです。

集中して取り組めば月1万円を稼げるようになり、コンフォートゾーンは拡大します。

月1万円を稼ぐ知識が身に付き、コンフォートゾーンの中のことになるのです。

そうなると自信が付き、やる気も起こります。

やる気が起これば次は月5万円を目指し、再びラーニングゾーンで勉強します。

これを繰り返すことでコンフォートゾーンは広がり目標に近付いて行くのです。

 

今の現状に満足しているならそれでいいでしょう。

それもあなたの人生です。

しかし、成長をしなくなれば「衰退」あるのみです。

今のご時世、現状がずっと続くとは限りません。

現状に少しでも不満があったり自分を変えたいなら行動すべきです。

コンフォートゾーンを拡大することこそが夢に近付く一歩になるのですから。

 

ありがとうございました。