ダイエットの秘訣!?それは脳内麻薬の分泌だ!

ダイエットの秘訣!?それは脳内麻薬の分泌だ!

ダイエットに失敗する3つの原因

ダイエット経験者の多くは失敗しているといいます。

一説では成功する人は10人に1人しかいないそうです。

なぜ多くの人がダイエットに失敗するのでしょうか。

それはダイエットには失敗する3つの原因があるからです。

義務感に縛られるストレス

ダイエットの方法を紹介しているブログはたくさんあります。

ダイエットの本もたくさん出ています。

あなたもいろいろなダイエット方法を調べたと思います。

その中で簡単に出来て続けられる「楽な方法」を選びませんでしたか?

「ご飯を○○に置き換えるだけ」や「運動しなくても痩せられる」など。

ダイエットは如何に楽して痩せるかですから仕方のないことかもしれません。

 

しかし、残念ながら楽して痩せられる魔法のような方法は存在しません。

有酸素運動で脂肪を燃焼させるか基礎代謝を上げなければ痩せないのです。

ブログや本で紹介されている本格的なダイエット方法はやらなければいけないことがたくさんあるため敬遠する気持ちは分かります。

♦ 食事はカロリーを計算して摂取しなければいけない。

♦ 摂取カロリー以上の運動やスポーツをしなければいけない。

♦ お菓子やスイーツやお酒はカロリーが高いから控えなければいけない。

♦ 就寝の○時間前までに食事を終わらしておかなければいけない。

♦ ストレスを溜めてはいけない。

♦ 体型を維持するために継続して行わなければいけない。 etc…

 

プロアスリートでもあるまいし日常生活を送りながらでは無理があります。

一番の問題は「~しなければいけない」という義務感に縛られてしまうこと。

義務感が湧くと自分の意思ではなく強制的にやらされている感覚に陥ります。

強制的にやらされることは喜びも楽しみもなくストレスでしかありません。

ストレスは痩せる意欲もやる気も根こそぎ刈り取ってしまいます。

ですから途中で挫折し、ダイエットは失敗に終わるのです。

脳内物質ノルアドレナリンの過剰分泌と枯渇

ノルアドレナリンというのはストレスに反応して分泌される脳内物質です。

別名「ダイエットホルモン」と呼ばれています。

ストレスを感じるとノルアドレナリンが分泌されて脂肪を分解してエネルギーに変え、脳と体を覚醒させて集中力や判断力を高めてストレスに対抗して身を守ってくれています。

また、ストレスを学習して同じストレスに対して順応させてもくれています。

私達がストレス社会で生き抜いていくためには大変重要な脳内物質です。

 

私達は普段の日常生活でも職場や学校や家庭でストレスを抱えています。

この日常生活でのストレス量ならばノルアドレナリンが守ってくれます。

しかし、ダイエットをすると抱えるストレス量が大幅に増加します。

普段抱えたことのないストレス量を抱えてしまうことになるのです。

 
ストレスを抱え過ぎると脳は増加したストレスから身を守るためにノルアドレナリンを大量に分泌して神経を昂ぶらせて身を守ろうとします。

つまり、ノルアドレナリンが過剰に分泌される状態になってしまうのです。

ノルアドレナリンが過剰に分泌されると脳内バランスが崩れて精神的に不安定な状態に陥ります。

攻撃的になったりイライラしたり落ち着きがなくなってしまったり。

ダイエットを始めると神経が昂ぶり攻撃的になるのはこのためです。

 

増加したストレス状態が続くとノルアドレナリンはやがて減少を始めます。

ノルアドレナリンの生成がストレスに追い付かなくなってしまうからです。

ノルアドレナリンが減り過ぎるとやる気がなくなり意欲が低下していきます。

痩せたいという意欲も、頑張るぞというやる気もなくなっていくのです。

減少を続けて枯渇すると無気力状態になり、うつ病になる人もいます。

この精神状態に耐え切れずにダイエットを諦めてしまうのです。

メンタルブロック

人間は本能的に変化を避けようとする生き物であるため、変わろうと思ってもコンフォートゾーンに引き戻そうとする思考が自動的に湧いてきます。

コンフォートゾーン(心地良い自分の居場所)とは心と身体が一番快適でストレスなく過ごせる領域のこと。

ホッとし、落ち着き、不安のない、あなたが築いてきた「現状」です。

痩せたいと思ってもホメオスタシス(恒常性維持機能)が働き、メンタルブロック(意識の壁)を築いて本能的に現状に留まろうとするのです。

 

ダイエットをしていると邪魔をする思考が湧いてきた経験があると思います。

「もう止めよう」「どうせ続かない」「太ったままでいいじゃないか」と。

それがホメオスタシスによるメンタルブロックです。

ダイエットで辛い思いをしていると気持ちが弱っていますから、余程強い意志を持っていないと邪魔をする思考に対抗できません。

そのためダイエットは続かないのです。

 

スポンサードリンク

ダイエットを成功させる秘訣

【脳内麻薬】という言葉を聞いたことがありますか?

麻薬と言うと覚醒剤やコカインやモルヒネを思い浮かべるかもしれません。

覚醒剤のせいで悪い印象を持っているかもしれませんが、コカインやモルヒネは医療の現場でも麻酔や鎮痛に利用されている身近なものです。

その麻薬と似た作用をする物質が、実は私達の脳にも存在します。

脳には約20種類もの脳内麻薬と呼ばれる脳内物質が存在し、その代表的なものがセロトニンドーパミンβ-エンドルフィンです

脳内麻薬は心と体に良い影響をもたらす大切なものです。

この脳内麻薬を上手く利用することがダイエットを成功に導く秘訣なんです。

ダイエット中の精神を安定させる脳内麻薬【セロトニン】

セロトニンは多幸感を与えてくれる脳内物質です。

別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

セロトニンが分泌されると心が落ち着き多幸感が得られるため、精神的な安定をもたらしダイエット中の心のバランスを整えてくれます。

また、セロトニンの分泌はノルアドレナリンが増え過ぎたり減り過ぎたりするのを抑制してくれる働きもあります。

ノルアドレナリンが正常に保つためにはセロトニンは必須なのです。

 

セロトニンは意図的に増やすことができる脳内物質です。

ダイエット中は以下のことを意識して生活して下さい。

1・毎日30分は太陽光を浴びる

太陽の光を浴びるとセロトニンが生成されて活性化します。

出来る限り太陽光を浴びることを意識して下さい。

2・食事の栄養バランスを意識する

セロトニンを作るトリプトファンというアミノ酸があります。

トリプトファンはタンパク質を多く含む「乳製品」「豆類」「魚の卵」に豊富に含まれています。

また「肉」や「魚」にはセロトニンの分泌を促すビタミンB6が含まれています。

バランスのいい食事を意識して下さい。

3・単調な有酸素運動を行う

単調な有酸素運動は脳を活発にしてセロトニン神経を活性化させます。

水泳・ウォーキング・ランニング・サイクリングなどです。

4・泣き・笑い・感動し・ドキドキする

喜怒哀楽は脳を刺激してセロトニンの生成を活発にしてくれます。

友達と騒いだり美術館や映画館に行ったりして感情を刺激して下さい。

一人でも本を読んだりDVDで映画を見たりしても同じ効果が得られます。

5・早寝早起きを意識する

十分な睡眠を心がけます。

睡眠不足はセロトニンの分泌を弱めてしまいます。

 

セロトニンの分泌はホルモンバランスを整える作用があるため肌を奇麗する効果やスタイルを良くする効果もあり若々しくもなれます。

セロトニンはサプリメントを摂取することでも分泌を促進できるものですからサプリメントも有効活用してセロトニンを増やしましょう。

⇒ ジルジレットセロトニン 🔗

ダイエットをする意欲を得るための脳内麻薬【ドーパミン】

ドーパミンは別名「生きる意欲を作るホルモン」と呼ばれています。

報酬系の脳内物質で「快感」「快楽」「高揚感」「爽快感」などの報酬を得ることを期待して行動をしている時に活性化しやる気を与えてくれます。

ドーパミンの分泌には快感や快楽などの報酬が必要不可欠ですが、ダイエットでも報酬があればドーパミンが分泌されてモチベーションは高まります。

 

脳は一度でもドーパミンを分泌させるとそれを記憶します。

記憶すると快感や快楽などをもう一度得たいと欲求してきます。

その要求がやる気を生み出すのです。

人が好きなことをしようとするとやる気が出るのはそのためです。

仕事が好きな人は仕事をすることが報酬ですから仕事をしようとするとドーパミンが分泌されてやる気が湧いてきます。

勉強が好きな人は勉強をすることが報酬ですから勉強をしようとするとドーパミンが分泌されてやる気が湧いてきます。

運動が好きな人は運動をすることが報酬ですから運動をしようとするとドーパミンが分泌されてやる気が湧いてきます。

 

ダイエットでも好きなことを取り入れてドーパミンを分泌させるとやる気が自然と湧いてくるようになります。

無理にやりたくない決まった運動をしてもドーパミンは分泌されません。

ドーパミンを分泌させるためには好きな運動や好きなスポーツを取り入れたり、運動中だけ好きな音楽を聴けるようにすること。

また、成功したら○○を買おうなど「報酬を設定する」ことも大切です。

人参を目の前にぶら下げるとドーパミンの分泌はより活性化されます。

 

ダイエットには好きなことや楽しいことは必ず取り入れる。

ダイエット成功のご褒美(報酬)を必ず設定する。

この2つを意識すれば「~しなければいけない」という義務感に縛られることがなくなるため、やる気が自然と湧いてきます。

ダイエットを持続させる脳内麻薬【β-エンドルフィン】

β-エンドルフィンは免疫機能を司る脳内物質です。

別名「ハピネスホルモン」と呼ばれています。

モルヒネの6.5倍の強さの鎮痛作用があるため「脳内モルヒネ」とも呼ばれます。

マラソンで苦しい状態が一定時間以上続いたあとに快感や陶酔感を覚える「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象は、β-エンドルフィンが分泌され鎮痛鎮静快感快楽を与えられるため起こる現象です。

 

β‐エンドルフィンは苦しい状態が一定時間続かないと分泌されない脳内麻薬というわけではありません。

ハピネスホルモンと呼ばれているように楽しい時や笑っている時、高カロリーの美味しい物を食べた時にも放出されて快感・快楽を与えてくれます。

楽しいことをしたりおもいっきり笑ったり高カロリーの美味しい物を食べると、気分が高揚してストレスが発散できるのはβ‐エンドルフィンが分泌されストレスを鎮痛・鎮静し快感・快楽を与えてくれるからです。

 

ストレス社会で生きていると楽しいことをしたりおもいっきり笑ったりできる場面が少なくなっています。

人間の三大欲のうち「性欲」と「睡眠欲」も自然に削られ、唯一満たせられるのが「食欲」だけになっています。

その結果としてストレスの発散は自然と食欲に向かい「肥満」を招いてしまっているのです。

 

ダイエットではその「食欲」を抑制してしまいます。

特にβ‐エンドルフィンの分泌を促進する高カロリーの美味しい物は控えなければいけません。

つまり、ダイエットをしているとβ‐エンドルフィンの分泌を促進できなくなり、ストレスを発散する機会を失ってしまうということです。

その結果がダイエットの挫折であり、挫折後のリバウンドへと向かわせる原因になっているのです。

 

 したがってダイエットを持続させるためには食事以外でβ‐エンドルフィンをいかに分泌させられるかになります。

一番簡単で無理なくできるのは、楽しいことをするかおもいっきり笑うこと。

先程も言ったように楽しいことをしたりおもいっきり笑ったりできる場面は少なくなっていますが、ダイエット中は意識してそういう場面を作ることが大切なんです。

ダイエットの天敵は紛れもなくストレスです。

β‐エンドルフィンを分泌させる場面を意識的に作れれば、ダイエットによるストレスを鎮痛・鎮静することができ、続ける意欲を持ち続けられるのです。

 

スポンサードリンク

 

人は好きなことや楽しいことをストレスなく出来る状態でなければやる気が湧かず動くことも続けることも出来ません

その理由は脳内麻薬が分泌されないからです。

「楽」なダイエット方法を選んでも続けられないのはそのためです。

ダイエットは「如何に痩せるか」ではなく如何に好きなことや楽しいことをしてストレスなく体を動かせるかを考えた方が続けられるし痩せられるのです。

人はダイエットを意識しない方が痩せられると言われるのもそのためです。

 

また、脳内物質や脳内麻薬の話を紹介したのには意味があります。

それは「メンタルブロックを外す」ことに繋がるからです。

ダイエットに挫折するのは自分の意思が弱いからだと考えがちです。

だから挫折するのは意思の問題ではないということを伝えたかったのです。

 

いくら強い意思をもってダイエットを始めても、脳内物質の過剰分泌や枯渇、脳内麻薬の不分泌によってストレスが増大すれば挫折して当たり前です。

それを知っているだけでメンタルブロックは外れます。

メンタルブロックは過去の体験や記憶から形成されていますから、新しい知識によって上書きされれば外れるからです。

 

まずは楽しめそうな運動やスポーツを見つけることから始めてみて下さい。

見つけたら一度試してみる。

もし楽しめたらやる気も自然と湧き出してきますし続けることも出来ます。

その結果、今までとは違った結果が得られることになるのです。

ダイエットは健康的に痩せなければ意味がない

ダイエットをして痩せると人生は変わります。

痩せることによって得られるメリット”がたくさんあるからです。

特に女性の方はまるで別人になったかのように外見も内面も変わります。

メリットがあるのが分かっていてもダイエット出来ない理由は何でしょう。

得られるメリット。出来ない理由。理想のダイエット法を調べてみました。

痩せることによって得られるメリットとは?

♦ お洒落を楽しめるようになり、今まで出来なかった美を追求できる。

♦ 女性本来の楽しみが出来るので性格が明るくなる。

♦ 汗をかきにくくなり、化粧落ちや匂いを気にしなくてよくなる。

♦ 男性の見る目が変わり、急にモテだす。

♦ 何よりも健康な体を手に入れることが出来る。 etc…

多くのメリットがあるのが分かっていてもダイエット出来ない理由とは?

♦ ダイエットを始めても続かない。

♦ 運動が苦手。

♦ 食事制限をしたくない。

♦ ジムやエステに通う時間も金銭的余裕もない。

♦ ダイエットを始めると月経不順や肌荒れになったりする。 etc…

理想のダイエットは?

♦ 食事制限をしなくていい。

♦ 運動しなくていい。

♦ 出来るだけ短期間に痩せられる。

♦ 自宅で出来る。

♦ 一度痩せたらリバウンドしない。 etc…

 

世の中にはありとあらゆるダイエット法が紹介されています。

その中から自分に合ったダイエット法を見つけ出すことは大変な作業です。

無理なダイエット法や間違ったダイエット法も数多く存在しています。

無理なダイエット法や間違ったダイエット法を選んだがために障害を抱えてしまった人もたくさんいます。

何よりも安心安全なダイエット法を選ぶことが一番大切なのです。

 

スポンサードリンク

 

医学的根拠に沿った信頼できるダイエット法をご存知ですか?

「脳科学」「細菌学」「身体理論」に基づいたダイエット法です。

腸内環境を改善して自律神経を整えて痩せようというものです。

美肌や体型の維持には新陳代謝が必須です。

肌が荒れたり体型が崩れている原因は、自律神経が乱れて新陳代謝が上手く機能していないためです。

自律神経が乱れている原因は主にストレスや乱れた生活習慣ですが、ストレスをなくしたり乱れた生活習慣を改善するのは困難なことです。

そこで腸内細菌が自律神経のバランスを整えてくれることを利用するのです。

腸内環境を整えると腸内細菌が活性化して自律神経が整います。

自律神経が整うと新陳代謝が促進されて肌荒れや体型の崩れ、便秘の改善や老化を防ぎ健康的で美しくなれます。

ダイエットは「無理して痩せる」のではなく「いつのまにか理想の体型になっていた」方が健康的に美しい体を手に入れることができるのです。

⇒ 脳活・腸活・体活ダイエット 🔗

 

極端に意思が弱い人でも継続出来る安心安全なダイエット法もあります。

鍼灸治療院の院長である福辻鋭記氏が開発したダイエット法です。

とても簡単な方法ですが一気に体重を落としたい人には向きません。

1か月に1~3kgの自然な体重減少の効果を期待するものです。

ダイエット方法は「置き針」を自宅で出来るようにしたものです。

置き針によって「経絡」「反応点」「ツボ」を刺激し続ける方法です。

説明通りに体の2~3か所に貼れば、後はほったらかしで効果があります。

⇒ ほったらかしダイエット「福辻式」 🔗

 

安全で健康的に痩せる方法としてリンパを使ったダイエットもあります。

「リンパ」とは体の中にある老廃物を取り除く排泄器官です。

リンパの流れが滞ると老廃物や余分な水分が溜まってしまいます。

すると基礎代謝が落ちたり、肌が荒れたり、脂肪が付きやすくなるのです。

リンパの流れを整えると、基礎代謝が高まり体が痩せやすくなります。

また、余分な物を排泄することで免疫力も高まるので健康にもなれます。

リラックスして座るスペースさえあれば出来る方法なので継続も出来ます。

ボディスタイリングダイエットは痩せられ奇麗になれ健康になれるダイエット法です。

⇒ エステ顔負けの全身「美」痩せ術 🔗

 

一番お勧めするのはドクターズダイエット(Doctor’s Diet)です。

本当に安心して健康的に痩せる方法は医師にサポートしてもらうことです。

これ程安心できるダイエットはありません。

ドクターズダイエットは医師・管理栄養士・理学療法士・看護師・パーソナルコーチが「1人」にチーム体制で毎日伴走し、ジム通いなしでダイエットをサポートしてくれます。

痩せるだけでなく、健康診断の数値改善も目指せます。

ダイエットは”健康的”に痩せなければ意味がありません。

「3日間無料体験」も出来るので一度体験してみてはいかがですか?

⇒ ドクターズダイエット(Doctor’s Diet) 🔗

 

ありがとうございました。