自分を変えれば未来が変わる!潜在意識を活用して人生一発逆転!

自分を変えれば未来が変わる!潜在意識を活用して人生一発逆転!

後悔しない人生を歩むために

最初に紹介したい本があります。

オーストラリアの看護師、ブロニー・ウェアさんという方が出版された本です。

長年終末医療に携わった方で「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本を出版されています。

人は死を目前にすると、必ず自分の人生を振り返り後悔するそうです。

その後悔は同じようなものが多く、以下の5つに該当するそうです。

1・他人から期待される人生ではなく、自分に正直に生きればよかった

一番多くの人が後悔するのが、他人の期待に応えようと自分がやりたいことを我慢したり、自分を欺いて生きてきたことへの後悔です。

親のため、会社のため、家族のためにと自分の意思を押し殺して頑張った結果、自分の望みの半分も叶えられなかった生き方への後悔。

その後悔から「あの時、あぁしておけばよかった」という言葉を残して死にゆくらしいのです。

2・あんなに一所懸命仕事をしなければよかった

男性のほぼすべてがこの後悔をするらしいのです。

妻のため、子供のためにと仕事を頑張った結果、妻や子供と過ごす時間を作れなかったり、子供の成長を見逃したりしてきたことへの後悔。

大切な家族の幸せのために、一生懸命働けば働くほど大切な家族と一緒の時間を過ごせなかった矛盾が、幸せとは何だったのかを考えさせるのでしょう。

そして考えた結果「もっと家族と一緒の時間を過ごせば良かった・・・」と、本当の幸せとは何だったのかを最後になって痛感するようです。

3・もっと自分の気持ち(感情)を素直に表せばよかった

人は世間で上手くやっていくため、自分の気持ちを抑えて生きています。 

その結果、精神的なストレスを抱えてしまい多くの人が病を患っています。

社会で生きて行くためにはある程度自分の気持ち(感情)は抑えなければいけません。

しかし、病を患ってしまうほど自分の気持ちを抑えなければいけない人生は、楽しくも何ともなく後悔だけしか残さないようです。

4・もっと友達と良い関係でいられればよかった

人は人生の最後になってようやく友人の本当の有難さに気付くそうです。

ベッドの上で動くことも出来なくなると孤独を感じ人が恋しくなります。

そんな時に会いに来てくれる人がいないことに絶望し、自分の築いてきた人間関係を後悔するそうです。

5・自分をもっと幸せにしてあげればよかった

「幸福は自分で選ぶもの」だと最後に気付く人が多いそうです。

古い慣習に固執して変化を恐れ、無意識に選択を避けてきた人生・・・。

本当の意味で人生を楽しめず、悔いを抱えたまま最後を迎えるそうです。

 

スポンサードリンク

 

いかがでしたか?

これが現実です。悲しい現実ですが・・・。

あなたも”今”がどれほど大切な時間か分かったのではないでしょうか。

社会通念や世間体、世間一般の価値観に沿った生き方が悪いとは言いません。

しかし、後悔するような生き方が本当に正しい生き方なのかということです。

 

私達は子供の頃に、親や教師の躾によって「こうあるべき」とか「こうでなければならない」などの固定観念を刷り込まれています。

”世間の常識”のいうものを固く信じ込まされ、それに従って生きることが当たり前であり当然のことのように思わされています。

義務教育を受けて高校・大学と進学し、就職して結婚して子供を育てて家を建て、定年まで働いて退職したら年金や貯蓄で老後を送る。

多分、多くの人がこのように思わされているはずです。

 

しかし、世間の常識というものに根拠などありません。

周りと同じように誰かが勝手に決めたレールの上を歩いても、幸せになれるとは限りませんし歩こうとするから挫折したり苦しんだりするのです。

人の数だけ生き方や考え方があるのが当然であり、そこには「正しい」も「間違っている」もありません。

今の時点でそのことに気が付けば、まだ人生の修正は可能です。

少しでも死ぬ間際に後悔の少ない人生を歩みたいのなら、常識を疑い自分で決めたレールの上を歩いて行くべきだとは思いませんか?

”固定観念にさえ囚われなければ”現実を変えることも、未来を変えることも、自分を変えることも出来るのですから。

潜在意識

私達は潜在意識に支配されている

私達人間の脳と他の哺乳類の脳との大きな違いは「人間脳」と呼ばれる大脳新皮質が発達していることです。

発達した大脳新皮質にある前頭葉の前頭前野は「思考」「意思」「創造」「理性」「行動統制」を司り、人間が人間らしくあるために非常に重要な役割を担っています。

この前頭前野の働きによって創られる意識を顕在意識(表面意識・表層意識)と呼び、私達が普段起きているときに自覚・認識している意識です。

 

意識には顕在意識の他にもう1種類あり、潜在意識と呼ばれる意識全体の97%を占める自覚・認識出来ない意識があります。

大脳の奥深く、中心付近の領域にある大脳辺縁系の働きによって創られる意識で、動物が生きて行くために重要な役割を担っています。

「動物脳」と呼ばれるこの領域には「情動」「記憶」「快楽」「欲望」「自律神経」などの中枢があり、24時間365日休むことなく働き続けています。

 

私達は普段、思考や行動の97%は無意識に行っていると言われています。

無意識に思考や行動が出来るのは潜在意識によってコントロールされているためです。

咄嗟の判断や無意識に湧き出す感情、受け取る情報の取捨選別や物事の捉え方などもすべて潜在意識がコントロールしています。

潜在意識がコントロールしている代表的なものは以下の通りです。

1・生命の維持

心臓、呼吸、細胞代謝、体温調整、血圧調整、血液循環、ウィルス排除など。

顕在意識による意思とは関係なくホメオスタシス(恒常性維持機能)を働かせ、潜在意識からの指示・命令で生体のバランスを最適な状態で維持しています。

2・繰り返し経験したことの習慣化(自動化)

脳の負担軽減のため、思考や行動などあらゆるものが習慣化されています。

習慣化された思考や行動などは顕在意識に上ることがなくなり、潜在意識のコントロールによって無意識(自動的)に行うようになります。

3・情報のフィルター機能

脳は1秒間に本が60万冊書けるほどの膨大な量の情報に晒されています。

すべての情報を処理していれば情報処理にのみエネルギーを注ぐことになり、生命を維持するためのエネルギーが無くなってしまいます。

そのため五感からの情報は顕在意識に上る前に潜在意識(脳幹網様体賦活系 / Reticular Activating System)によって取捨選択されています。

4・過去に経験した記憶と感情の貯蔵

過去に経験した記憶と感情は潜在意識がすべて貯蔵しています。

また、潜在意識には受け継がれてきた祖先の記憶も貯蔵されています。

これらを潜在意識が貯蔵しているからこそ、生命の危機に直結する出来事に遭遇しても瞬発的に回避出来るのです。

5・喜怒哀楽(情動・感情)や欲望の創出

五感で受け取った情報は潜在意識(偏桃体)に送られ、一瞬のうちに記憶情報に照らし合わせて喜怒哀楽を創出します。

また、食欲・性欲・睡眠欲などの欲望も潜在意識(視床下部)が生み出します。

情動や感情がなければコミュニケーションをとったり威嚇したりすることが出来ません。

欲がなければ食べることも子孫を残すことも出来ません。

潜在意識が情動や感情を創出したり欲望を生み出すのは生き残るために必要なことだからです。

 

スポンサードリンク

 

私達は普段、自分の意思(顕在意識)で何かに意識を向けたり考えたり行動したりしています。

しかし、実はそれらもすべて潜在意識がコントロールしているという事実をご存知でしょうか?

生理学者ベンジャミン・リベットが行った実験によって、私達は潜在意識によってコントロールされている可能性が高いことが証明されているのです。

 

リベットは被験者に「あなたの好きなタイミングで手首を曲げて下さい」と伝えて脳を観測する実験を行いました。

被験者は自分の意思(顕在意識)で手首を曲げたのですが、被験者の意思決定の0.35秒前には潜在意識から手首を動かす命令が下され準備されていることが観測されたのです。

この観測の意味するところは私達が何かに意識を向けたり考えたり行動したりするとき、潜在意識の決定を後づけで追認しているだけで決定に自由意志はない(受動意識仮説)ということです。

 

しかし、私達にまったく自由意志がないのかといえばそうではありません。

顕在意識によって潜在意識の決定を”拒否”することは出来ます。

ただし、拒否するために与えられている時間は命令を顕在意識で認知してから僅か0.2秒しかありません。

その間に拒否しなければ潜在意識の決定通りの行動をとるわけです。

 

例えば怒りがこみ上げ無意識に相手に手を上げそうになり思い止まったとしましょう。

その時の無意識に湧き出す感情や行動をコントロールしているのが潜在意識です。

潜在意識が戦うと判断して感情を創出し、脳内物質を分泌して行動を起こさせようとしたのです。

その行動を人間らしく理性によって抑え込んだのが顕在意識です。

怒りの感情を認知してから0.2秒で手を上げるのはいけないことだと判断し、潜在意識の決定を拒否したから思い止まれたのです。

 

しかし、顕在意識で潜在意識の決定を拒否するのことは稀にしかありません。

何故なら思考や行動のほとんどは「癖」として習慣化(自動化)されているため、顕在意識で認知出来ないからです。

例えば手で何かを掴む、歩く、足を組む、自転車のペダルを漕ぐなど、習慣化されて無意識に体が動くことは認知出来ません。

爪を噛む、貧乏ゆすりなどの悪癖と呼ばれる無意識の行動も、認知出来ないから止めることが出来ないのです。

 

無意識に沸いてくる思考も習慣化されたものです。

例えば水が半分入っているコップを見た場合を考えてみましょう。

あなたはそのコップを見て「まだ半分も水がある」という思考が湧き出してくるでしょうか?

それとも「もう半分しか水がない」という思考が湧き出してくるでしょうか?

無意識に湧き出す思考は自動思考と呼ばれ、物事の捉え方や考え方が習慣化されたものです。

前者は物事をポジティブに捉えることが習慣化された人に湧き出す思考であり、後者は物事をネガティブに捉えることが習慣化された人に湧き出す思考です。

私達は普段このように習慣化(自動化)された思考を意識的に生み出したと勘違いし、多くの物事を潜在意識の決定を拒否することなく受け入れているのです。

 

思考や行動は現実を創り出す源にあるものです。

つまり、あなたという人間もあなたの目の前に広がる現実も潜在意識によって創られたものだということです。

潜在意識を活用する

私達には自由意志はなく、潜在意識によって決められた人生を歩んでいます。

これからも潜在意識によって創出される思考や感情に従い行動して現実を創り出していきます。

潜在意識を書き換えなければあなたという人間も目の前に広がる現実も何も変わりません。

何故なら現実世界は自分の内面(潜在意識)の投影だからです。

 

潜在意識には生まれてから現在までのすべての記憶情報が刻み込まれています。

その刻み込まれた記憶情報に基き、潜在意識は思考や感情をコントロールして現実を創り出しています。

あなたが経験してきたことや感じてきたこと、学んできたことによってプログラムされた現実創造の自動操縦装置のようなものです。

 

その現実創造の自動操縦装置である潜在意識のプログラムを意図的に書き換えればどうなるのか。

プログラムですからロボットを想像してもらった方が分かりやすいかもしれません。

プログラム(基盤)の換わったロボットは全く違う動作をするようになることは想像出来ると思います。

人間でも記憶喪失になった場合はどうなるのか。

潜在意識のプログラムがすべて失われ、性格も考え方もすべて変わり本人であって本人でない別人になってしまいます。

潜在意識のプログラムを書き換えるとはそういうことです。

 

意図的にプログラムを書き換えて望む自分や未来を潜在意識に自動的に創り出してもらう。

これが潜在意識を活用するということの本質です。

しかし、潜在意識のプログラムを意図的に書き換えることなど可能なのかという疑問が湧くと思います。

実は誰でも意図的に潜在意識のプログラムを書き換えることは可能なんです。

 

スポンサードリンク

 

私達の脳は、生まれてから現在まで経験してきたことや感じてきたこと、学んできたことによって個人特有の神経回路(ニューロンネットワーク)を構築しています。

この個人特有の神経回路に電気信号が流れることによって思考や感情や身体の動きなどは生み出されています。

つまり、私達をコントロールしている潜在意識のプログラムの正体は「脳内にある神経回路」ということです。

 

神経回路はニューロン(神経細胞)がシナプス(神経細胞の繋ぎ目)を介して形成する脳内ネットワークです。

このネットワークは固定されたものではなく、可塑性(かそせい)という性質を持っています。

繰り返し刺激が与えられた回路は電気信号や神経伝達物質が流れやすいように強化され、逆に使用されない回路は破棄(刈り込み)されるというものです。

強化されて結合強度が強くなった神経回路は伝達効率が上がるため、電気信号が優先的に流れるようになっています。

この強化されて電気信号が流れやすくなった神経回路が、潜在意識のプログラムとして個人特有の思考や行動の「癖」「習慣」を生み出しているのです。

 

潜在意識のプログラムである神経回路は、強化されているため簡単に変えることは出来ません。

しかし、先程書いたように神経回路というのは可塑的な性質を持っています。

簡単には変えることが出来ないけれども変えることは不可能ではないということです。

脳のメカニズムを理解していれば、脳に新しい神経回路を構築することは可能です。

以下の3つのメカニズムを意識してメソッドに取り組んで下さい。

1・脳は現実と想像を区別出来ない

現実に起きていることも臨場感ある想像(イメージ)も同じだと認識します。

夢を見ているとき、あたかも現実に起きているという感覚に陥ります。

夢は臨場感を伴っているため脳が現実に起きていると勘違いするためです。

2・感情を伴った出来事を強く刻み込む

脳は情動の伴う情報を優先して記憶するようになっています。

これは人間が生き抜いて行くための「動物としての本能」です。

恐怖や不安と言った情動の伴う情報を優先して記憶しておけば、同じ出来事に遭遇したとき回避することが出来ます。

この機能が働くため、感情の伴う出来事は強く刻み込まれるのです。

3・繰り返し刺激される神経回路を強化する

繰り返し刺激される神経回路は電気信号を流れやすくするため太く強化します。

反面、刺激されなくなった神経回路は破棄されます。

 

「臨場感あるイメージ」「強い感情」「繰り返し」

この3つを意識して脳を刺激すれば、新しい神経回路が脳内に構築されます。

例えば理想の自分になりたいと思っているのならば、理想の自分になったイメージを強い感情とともに繰り返し脳に刻み込む。

理想の現実を築きたいのならば、理想の現実のイメージを強い感情とともに繰り返し脳に刻み込む。

このブログでも「丹田(腹式)呼吸瞑想法の実践方法」を紹介していますから参考にしてみて下さい。

 

新しい神経回路を構築して強化すれば、顕在意識の約8万倍の処理能力がある潜在意識が望む自分や未来を自動的に創り出してくれます。

自分の潜在意識を信頼して取り組んでみて下さい。

ありがとうございました。